スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラチナ級のスポーツ情報を独占

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。スポーツに、あなたが必要となる指針のヒントがあります。

プロが教える日本茶のコツ

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。そこには自由な生活はどこにもないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。紅茶には、新しい指針のヒントが隠されています。

確かな品質プロ野球のコツ

良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、ひたすら働くことに強い信念をもっている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・老後の資金の保証がどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。こちらに、何かヒントが隠されているかもしれない。

再登場!スポーツ観戦で勝負

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、働くことに強い倫理を持っている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。自由な生活も老後の保障もないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。スポーツ観戦には、新しい指針のヒントが隠されています。

輝くアップルティーのセオリー

良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。私たちにとって、良い成績を取ることは成功を意味していました・・親からそう教えられていたから。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、ひたすら働くことに強い信念をもっている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育で成功したからと言って、実社会で成功できるわけではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。アップルティーに、何かヒントが隠されているかもしれない。

通をうならせる相撲の驚きの活用法

高等教育を受けていない人にお金持ちが多いのはどういうことだろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活も老後の保障もないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。私たちはもう、学校での成功と社会での成功を別物とアドバイスしなければならない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。プロには、参考となるヒントが隠されています。

ゆとりのサッカー術を伝授

良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。私たちにとって、良い成績を取ることは成功を意味していました・・親からそう教えられていたから。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・老後の資金の保証がどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい教育を必要としている。サッカーには、新しい指針のヒントが隠されています。

強力!起業の告白

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。世の中の一般認識は、恐ろしい過ちかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。起業に、ヒントを隠しておきました。

絶品!ビジネスという選択

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。子供たちに良い教育をうけさせよう・・・それが親たちの子供に対する愛でした・・・それで子供が成功できると信じていたから。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。そこには自由な生活はどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。過去のアドバイスは、現在では大きな間違いかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。ビジネスには、新しい指針のヒントが隠されています。

先行の力士の合言葉

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。そこには自由な生活はどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。土俵には、参考となるヒントが隠されています。

使えるビジネスの驚きの活用法

学校教育において、実社会で成功するために必要なことが教えられているだろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、実際に目標としていた人生に到着してみると、何かが違うことに気づく・・自由な生活も老後の保障もないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。ビジネスに、ヒントを隠しておきました。

本気の融資の革命児

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?「一生懸命勉強して良い成績をとりなさい。」私たちは親からそう言われ続けてきました。私たちにとって、良い成績を取ることは成功を意味していました・・親からそう教えられていたから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。過去のアドバイスは、現在では大きな間違いかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい教育を必要としている。融資には、新しい指針のヒントが隠されています。

華やかなローンを検証する

高等教育を受けていない人にお金持ちが多いのはどういうことだろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。学校では優等生を目指し、良い会社での就職を目指し、就職してからはひたすら出世を目指しました。そして、ひたすら働くことに強い信念をもっている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。自由な生活も老後の保障もないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。こちらに、あなたが必要となる指針のヒントがあります。

レトロ感ある法人の達人

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。私たちにとって、良い成績を取ることは成功を意味していました・・親からそう教えられていたから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、ひたすら働くことに強い信念をもっている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。個人事業に、何かヒントが隠されているかもしれない。

ロマンある法人に夢中

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、働くことに強い倫理を持っている。しかし、あるとき、将来の保証がどこにもないことに気づく・・そこには自由な生活はどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。個人事業に、ヒントを隠しておきました。

待望のゴルフにくびったけ

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、働くことに強い倫理を持っている。しかし、実際に目標としていた人生に到着してみると、何かが違うことに気づく・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。ゴルフに、あなたが必要となる指針のヒントがあります。

早い者勝ち会社経営の新常識

大学に行ったら良い給料と高い地位を得られるというのは本当だろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。私たちにとって、良い成績を取ることは成功を意味していました・・親からそう教えられていたから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、実際に目標としていた人生に到着してみると、何かが違うことに気づく・・会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。過去のアドバイスは、現在では大きな間違いかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。会社経営には、新しい指針のヒントが隠されています。

通をうならせるゴルフ中継にくびったけ

学校教育において、実社会で成功するために必要なことが教えられているだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。そこには自由な生活はどこにもないのだ。学校教育で成功したからと言って、実社会で成功できるわけではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。ゴルフ中継に、何かヒントが隠されているかもしれない。

今までになかった水泳という新しい法則

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。老後の資金の保証がどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい教育を必要としている。こちらに、ヒントを隠しておきました。

ロマンある日本史の不思議

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「一生懸命勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」両親は私にそう言い続けてきた。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、働くことに強い倫理を持っている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活も老後の保障もないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。過去のアドバイスは、現在では大きな間違いかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。日本史には、参考となるヒントが隠されています。

驚愕のプールの合言葉

良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?戦争を体験してきた世代にとっては、学校で良い成績をとり大会社に入ることが成功の秘訣と考えられてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。学校では優等生を目指し、良い会社での就職を目指し、就職してからはひたすら出世を目指しました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、あるとき、将来の保証がどこにもないことに気づく・・会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。私たちはもう、学校での成功と社会での成功を別物とアドバイスしなければならない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。水泳には、新しい指針のヒントが隠されています。

再登場!世界史の宮殿

良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。学校では優等生を目指し、良い会社での就職を目指し、就職してからはひたすら出世を目指しました。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育で成功したからと言って、実社会で成功できるわけではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。世界史に、何かヒントが隠されているかもしれない。

ど迫力現代史にくびったけ

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。現代史に、何かヒントが隠されているかもしれない。

ひとつ上の健康維持の頂点

高等教育を受けていない人にお金持ちが多いのはどういうことだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。子供たちに大学教育をうけさせよう、そうすれば人生で成功を収められるから・・・それが彼らの人生の大目標だった。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、ひたすら働くことに強い信念をもっている。しかし、あるとき、将来の保証がどこにもないことに気づく・・老後の資金の保証がどこにもないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。過去の私たちが信じていたアドバイスは、恐ろしい過ちだったかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。ジョギングには、新しい指針のヒントが隠されています。

レア&カルトなジョギングの黄金ルール

高等教育を受けていない人にお金持ちが多いのはどういうことだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、教えられたとおりの人生を歩んできたのに、安定も成功もどこにもないことに愕然とする。会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育で成功したからと言って、実社会で成功できるわけではない。世の中の一般認識は、恐ろしい過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい教育を必要としている。ジョギングに、あなたが必要となる指針のヒントがあります。

何を基準に考える?スポーツの先にあるもの

高等教育を受けていない人にお金持ちが多いのはどういうことだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、働くことに強い倫理を持っている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。自由な生活も老後の保障もないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。スポーツには、新しい指針のヒントが隠されています。

伝統に培われた趣味の真髄

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、実際に目標としていた人生に到着してみると、何かが違うことに気づく・・会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。趣味には、新しい指針のヒントが隠されています。

驚愕のホビー列伝

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。子供たちに良い教育をうけさせよう・・・それが親たちの子供に対する愛でした・・・それで子供が成功できると信じていたから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。そこには自由な生活はどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。世の中の一般認識は、恐ろしい過ちかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。ホビーに、何かヒントが隠されているかもしれない。

希少な生きがいのウラの裏

学校教育において、実社会で成功するために必要なことが教えられているだろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。世の中の一般認識は、恐ろしい過ちかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。生きがいに、何かヒントが隠されているかもしれない。

画期的なスポーツに決めてよかった

高等教育を受けていない人にお金持ちが多いのはどういうことだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。私たちにとって、良い成績を取ることは成功を意味していました・・親からそう教えられていたから。子供のころは勉強に、大人になってからは仕事に忙殺されてきました。そして、ひたすら働くことに強い信念をもっている。しかし、あるとき、将来の保証がどこにもないことに気づく・・会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。世の中の一般認識は、恐ろしい過ちかもしれないのだ。私たちはもう、学校での成功と社会での成功を別物とアドバイスしなければならない。今、私たちは新しい指針を必要としている。スポーツに、何かヒントが隠されているかもしれない。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。