スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ど迫力日本史を賢く使う

高等教育を受けていない人にお金持ちが多いのはどういうことだろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。私たちにとって、良い成績を取ることは成功を意味していました・・親からそう教えられていたから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、仕事に人生を捧げることに躊躇しない。しかし、実際に目標としていた人生に到着してみると、何かが違うことに気づく・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。いい教育を受け、いい成績を取るのは成功へのパスポートではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。日本史に、何かヒントが隠されているかもしれない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。