スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ど迫力現代史にくびったけ

いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。良い成績が成功への道である・・それが世の中の一般認識でした・・・良い会社で良い給料をもらえるから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、働くことに強い誇りを感じている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。よい教育を受けても、自由と安定を得られるわけではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、「良い成績を取って良い会社に就職しなさい」と安易にアドバイスできない。今、私たちは新しい指針を必要としている。現代史に、何かヒントが隠されているかもしれない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。