スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれの現代史のホンモノ感

良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。子供たちに良い教育をうけさせよう・・・それが親たちの子供に対する愛でした・・・それで子供が成功できると信じていたから。良い成績を目指し、良い就職を目指し、就職してからはひたすら働きつづけました。そして、一生懸命働くことは良いことだと信じている。しかし、実際にそこに辿りついてみると、結果は自分たちが思っているものと少し違っていた。会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育で成功したからと言って、実社会で成功できるわけではない。親たちの時代のアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。今の時代では、「良い成績を取って、会社に就職しなさい」と簡単にアドバイスできない。今、私たちは信頼できる新しい真実をみつけなければならない。現代史には、参考となるヒントが隠されています。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。